http://www.fuku-chan.info/kottou

骨董の買取にはトレンドがある

骨董買取というのは、トレンドがありますので、売り時を間違えないことです。買い時もありますから、それをよく見定めるべきです。 具体的には、バブルが起きているときには確実に高くなります。投機の対象になることが確実だからです。 ですから、買う時にはまずは売れていないときにしたほうがよいです。 骨董次第でもあるのですが、基本的に物質的な価値が高いものは少なく、例えば金貨とかそうした品は素材自体が高いのですが、壷とか絵画は組成成分には価値はないわけで、あくまでそれを欲しがる人がいるからこそ、高く売れるのです。 それとその国によって、違うことが多いものでもあります。具体的にいいますと、例えば、日本の明治時代の歴史的なものはとても人気があります。明治と言う時代が人気があり、骨董の買取をしてくれるところが多く、そして、買いたがる方も多いので高く買取っても売れるからなのですが、それを中国で売っても高くは売れないのです。つまりは、売る場所も大事、ということです。